日本スレッドは”水”と”環境”をテーマに安全で快適な生活を創造します

スレッド式ろ過装置

商品概要

クリプトスポリジウム対策に最適
低コスト・低メンテ・省スペースな次世代型ろ過装置


thread_item1

スレッド式ろ過装置は、ポリエステル糸をプラスチックサポートに高密度に巻きつけた『カセット』と呼ばれるろ材で、最小2ミクロンの高精度なろ過を実現した世界特許取得の自動洗浄式ろ過装置です。
日本国内では3ミクロンのカセットを使用し、クリプトスポリジウムが99.9%除去できるろ過装置として、厚生労働省の外郭団体である(公財)水道技術研究センターの「水道用浄水装置」の認定を取得しています。独創的なろ材と、回収率向上に貢献する高圧ジェットによる強力な自動洗浄機構により、長期にわたりろ材交換の必要が無く、設置・保守管理が容易であることから、世界各国の浄水場におけるクリプトスポリジム対策、砂ろ過 の代替、また工場における最終排水処理や、UF/RO膜の保護フィルターとして、従来のオートストレーナや砂ろ過では期待する成果が得られない用途で新世代のろ過装置として次々と導入されています。

紹介ビデオ

主な納入分野

化学、製鉄、製紙、電子、食品、上水場、下水処理場など幅広い分野で工場排水の最終排水処理、クリプトスポリジウム対策(クリプト対策)、膜ろ過装置の保護などを目的として、既存の砂ろ過(急速ろ過・緩速ろ過)、カートリッジフィルターなどに替わる精密ろ過装置として活躍しています。
特に浄水場では、水源によってはMF膜やUF膜、UV装置(紫外線滅菌)の代替技術として注目されており、既存の緩速ろ過、急速ろ過の後段に設置してクリプト対策を強化する例もあり、新技術として世界の水処理業界で注目を集めています。

設置事例

設置事例

主な特長

  • 「水道用浄水装置」として、厚生労働省の外郭団体である(公財)水道技術研究センターより認定取得
  • 3ミクロンのろ過精度で、濁度改善のほかクリプトスポリジウムを99.9%で除去
  • イギリスで納入された90台をはじめ、欧米・アジアにクリプトスポリジウム対策として浄水場に多数納入
  • 機器単体での処理量は最大のMTG機で約160m3/時(3,800m3/日)であり、シンプルな設計が可能
  • 最小ろ過精度2ミクロンの糸巻きカセットを自動洗浄し、8~10年の長期にわたりろ材交換の必要がありません ※洗浄頻度1回/日の場合
  • 小型、シンプル設計:非常にコンパクトな設計であり、従来技術と比較して設置スペースの確保が極めて容易
  • 浄水場でのクリプトスポリジウム対策のみならず、各種用途における砂ろ過の代替、及び河川放流前の最終排水処理、UF/RO膜の前処理などの分野にて、2~10ミクロンのろ過で多数の納入実績

型式別仕様表

型式 MT22P MT44P MTG
最大流量 (m3/時) ※1※2  15  40  160
ろ過面積(m2  7 28
カセット枚数 350 910  3640
カセットパック本数  4
必要最低圧力 (MPa) 0.04
最大耐圧 (MPa) 1
接続配管径(インチ)  2  4×4, 8
最大水温 (℃) 40
平均空重量 (kg)  480 650  2150 
平均運転重量 (kg) 680  1050  3350 
主電源 3相220, 440V 50/60Hz
制御電源 AC24, 100, 200V
最大洗浄ポンプ出力 (Kw) ※3  3  3  11
洗浄仕様
ドレン配管径 (インチ) 2  3 4
洗浄時間 (分/回) 10  12   12
洗浄排水量(m3/回)  0.5~0.8  1.1~1.5 3.5~5 
洗浄流量 (m3/時)※4 20 
洗浄起動方式 差圧0.05MPa、タイマー、または連続で起動
スクリーン目幅 2, 3, 7, 10, 20ミクロン

※1 最大流量は3ミクロン以上のスクリーンに清水を通水した流量です。
※2 適正流量はスクリーン目幅および原水水質により異なりますので、最終機種選定は弊社にて行います。
※3 洗浄用水の供給圧力により、洗浄ポンプの出力は変わります。また、供給水源はろ過水・外部清水の選択ができます。
※4 洗浄流量は洗浄ポンプ選定の際に参照する数値であり、実際に洗浄排水としてドレンされる量ではありません。
※5 公益財団法人水道技術研究センター認定の機種もございますので、別途お問い合わせ願います。

商品パンフレット

スレッド式ろ過装置

参考資料

  1. スレッド式ろ過装置の概要
  2. 水道技術研究センターのHP内容
  3. 簡易水道協会月刊誌「水道」2006年12月号

この商品に関するお問い合わせ

確認画面は表示されませんので、入力内容を改めてご確認の上、こちらにチェックを入れてから送信ボタンを押してください。

PAGETOP